2020年3月5日木曜日

【5月23~25日開催!】リアリティーセラピー集中基礎講座

弘前市で開催する講座のお知らせです。

リアリティセラピー集中基礎講座を開催します。

リアリティセラピーは、米国の精神科医ウィリアム・グラッサー博士によって提唱され、著書「現実療法」(1965年)によって一躍世界で注目されるようになった米国9大セラピーの一つです。選択理論心理学をベースとしたカウンセリングの手法を教えており、効果の高い技法として大変大きな評価を得ています。

リアリティセラピーを学ぶことで、人間関係も改善し、より効果的な人生を送れるようになります。今回の集中基礎講座では、リアリティセラピーの歴史・概念・技法を学び、カウンセリング、地域社会活動、家庭、職場、学校、人間関係への適用できる学びをします。

※集中講座は、米国ウィリアム・グラッサー協会(WGI)公認の講座です。3講座(基礎・中級・上級)を修了した後、所定の要件を満たす事で「選択理論心理士補」及び「選択理論心理士」資格認定の申請をすることができます。

開催日:2020年5月23日(土)~25日(月)9:00~19:00(最終日は~17:00)
会場:弘前市民会館
定員:16名(振り込み完了順になります)
受講料:73,000円
講師:佐藤真司氏
1979年生まれ。立正大学大学院卒。文学修士。2003年より柿谷正期に師事し選択理論心理学、現実療法(リアリティセラピー)、分子整合栄養医学を学ぶ。

お申し込み:こちらのフォームへの記入と入金で正式なお申し込みになります。
>>>こちら
注意事項:申込は、4月30日までにお願いします。申込者が10名以下の場合、開催が中止になりますことを予め御了承下さい。
お問い合わせ:選択理論心理学会青森支部・須藤
※詳細や連絡先等は、下記のチラシをご確認ください。


0 件のコメント:

コメントを投稿