2020年6月29日月曜日

【7月31日~8月2日開催!】#オンライン青森夏まつり【あおラジも応援!】

#オンライン青森夏まつり実行委員会からのお知らせです。

コロナウイルスの影響により開催中止となった青森県内各地の夏祭りや秋祭りが中止になっています。
そのような中、祭りに携わる人々を元気づけ、かつ全国的にもイベントの少ない今夏に全国そして世界の人々に青森の夏祭りの素晴らしさを感じてもらい、将来青森を訪れるきっかけとしてもらうために、7月31日から8月2日まで「#オンライン青森夏祭り」が開催されることになりました。

このイベントは、Web会議システムZoomを使って開催します。
期間中、様々な配信が展開されます。
あおもりラジオくらぶ(あおラジ)も、これに合わせたライブ配信を行います。

なお、「#オンライン青森夏まつり」では、出展者・協賛企業・運営メンバーを募集しています。
詳しくは、公式ウェブサイトをご確認ください。

>>>公式ウェブサイト

6月29日、青森県庁で記者発表を行いました。

2020年5月26日火曜日

【6月30日まで!】コロナ禍で祭中止!青森のねぶた文化を守れ!ねぶた師緊急支援!【あおラジも応援!】

ねぶた師支援プロジェクトからのお知らせです。

2020年4月8日、新型コロナウイルス感染拡大も考慮し、国の重要無形民俗文化財である「青森ねぶた祭」の開催中止が決定されました。
これは、「青森ねぶた祭」が現在の形態になった1958年以降はじめてのことです。
これにより、ねぶた祭りの主役である人形灯篭の「ねぶた」を制作している「ねぶた師」は仕事がなくなってしまいました。
「ねぶた」を毎年制作することで収入を得ている「ねぶた師」にとって、この状況は失業と同じ意味を持ちます。そしてこの状況が続けば将来的に「ねぶた」の作り手がいなくなり、日本の伝統文化である「青森ねぶた祭」自体の存続も危うい状況になってしまいます。
そこで、「ねぶた師の方々の力になりたい!」。強い思いで立ち上がったのが、ねぶた師支援プロジェクトです。
今回のプロジェクトは、大型ねぶたの制作者全員が参画しています。支援金をもとにねぶたの技法をつかったグッズ、色紙やねぶたの面など、まさしく本プロジェクトオリジナル作品を制作してもらい、これをリターン(返礼品)の一部として、皆様にご提供いたします。

あおもりラジオくらぶも応援しています。
詳しくは、下記のチラシとクラウドファンディングのサイトをご覧ください。


※本文面は、クラウドファンディングの案内文をあおもりラジオくらぶで一部引用し、掲載しております。

2020年5月15日金曜日

【5月31日まで!】自粛で苦しむ青森の古川グルメ商店街をどうか救ってください!【あおラジも応援!】

古川グルメ商店街からのお知らせです。

古川グルメ商店街は、食とファッションのお店が集う18店舗の小さな商店街です。
この商店街でも、新型コロナウイルス感染症を防ぐための自粛の対象になっている居酒屋など食に関わるお店が多く、その影響は大きなものになっています。
テイクアウトなど個店の取り組みもありますが、このままではグルメ商店街の食の店舗は閉店する危機に直面しています。
あおもりラジオくらぶでも、5月5日の番組(新・昭和通りにラジオがやってきた!)で紹介しました。食で人をつなぐ想いに共感し、応援しています。

詳しくは、クラウドファンディングのサイトをご覧ください。