2020年6月29日月曜日

【7月31日~8月2日開催!】#オンライン青森夏まつり【あおラジも応援!】

#オンライン青森夏まつり実行委員会からのお知らせです。

コロナウイルスの影響により開催中止となった青森県内各地の夏祭りや秋祭りが中止になっています。
そのような中、祭りに携わる人々を元気づけ、かつ全国的にもイベントの少ない今夏に全国そして世界の人々に青森の夏祭りの素晴らしさを感じてもらい、将来青森を訪れるきっかけとしてもらうために、7月31日から8月2日まで「#オンライン青森夏祭り」が開催されることになりました。

このイベントは、Web会議システムZoomを使って開催します。
期間中、様々な配信が展開されます。
あおもりラジオくらぶ(あおラジ)も、これに合わせたライブ配信を行います。

なお、「#オンライン青森夏まつり」では、出展者・協賛企業・運営メンバーを募集しています。
詳しくは、公式ウェブサイトをご確認ください。

>>>公式ウェブサイト

6月29日、青森県庁で記者発表を行いました。

2020年5月26日火曜日

【6月30日まで!】コロナ禍で祭中止!青森のねぶた文化を守れ!ねぶた師緊急支援!【あおラジも応援!】

ねぶた師支援プロジェクトからのお知らせです。

2020年4月8日、新型コロナウイルス感染拡大も考慮し、国の重要無形民俗文化財である「青森ねぶた祭」の開催中止が決定されました。
これは、「青森ねぶた祭」が現在の形態になった1958年以降はじめてのことです。
これにより、ねぶた祭りの主役である人形灯篭の「ねぶた」を制作している「ねぶた師」は仕事がなくなってしまいました。
「ねぶた」を毎年制作することで収入を得ている「ねぶた師」にとって、この状況は失業と同じ意味を持ちます。そしてこの状況が続けば将来的に「ねぶた」の作り手がいなくなり、日本の伝統文化である「青森ねぶた祭」自体の存続も危うい状況になってしまいます。
そこで、「ねぶた師の方々の力になりたい!」。強い思いで立ち上がったのが、ねぶた師支援プロジェクトです。
今回のプロジェクトは、大型ねぶたの制作者全員が参画しています。支援金をもとにねぶたの技法をつかったグッズ、色紙やねぶたの面など、まさしく本プロジェクトオリジナル作品を制作してもらい、これをリターン(返礼品)の一部として、皆様にご提供いたします。

あおもりラジオくらぶも応援しています。
詳しくは、下記のチラシとクラウドファンディングのサイトをご覧ください。


※本文面は、クラウドファンディングの案内文をあおもりラジオくらぶで一部引用し、掲載しております。

2020年5月15日金曜日

【5月31日まで!】自粛で苦しむ青森の古川グルメ商店街をどうか救ってください!【あおラジも応援!】

古川グルメ商店街からのお知らせです。

古川グルメ商店街は、食とファッションのお店が集う18店舗の小さな商店街です。
この商店街でも、新型コロナウイルス感染症を防ぐための自粛の対象になっている居酒屋など食に関わるお店が多く、その影響は大きなものになっています。
テイクアウトなど個店の取り組みもありますが、このままではグルメ商店街の食の店舗は閉店する危機に直面しています。
あおもりラジオくらぶでも、5月5日の番組(新・昭和通りにラジオがやってきた!)で紹介しました。食で人をつなぐ想いに共感し、応援しています。

詳しくは、クラウドファンディングのサイトをご覧ください。




2020年5月11日月曜日

楽曲大募集!

あおもりラジオくらぶが運営するインターネットラジオ局「Air+(エアプラス)」では、番組で紹介する楽曲音源を募集しています。
音源は番組で紹介することに許諾を頂ければ、バンド、ユニット、ジャンル、性別、年齢問いません。
また、「Air+(エアプラス)の番組案内(ブログ)」紹介サイトでも、紹介させていただきます。

投稿は、コチラまでドウゾ!(←クリック!)


【2020年から定期的な投稿音楽紹介の機会を設けます!】
エフエムジャイゴウェーブ(青森県田舎館村コミュニティFM)で放送中の音楽バラエティー番組「ダイナミックス・エアプレイ」で、皆様から頂いた投稿音源のみで構成する回を、月に1回の割合で設けます。
この回は、インターネットラジオ局「Air+(エアプラス)」でも配信します。
楽曲を、全国はもとより世界でも聴いていただけます。

これまで同様、生配信等他の番組でも機会を設けて、どんどん紹介します。
あおもりラジオくらぶ(あおラジ)は、情報発信を通じて、個人・組織・地域の成長を支援しています。
皆さんに楽曲を披露する機会を提供することで、皆さんの成長を支援しています。
楽曲の投稿をお待ちしております!

2020年5月8日金曜日

【不定期企画】番組こぼれ話「新・昭和通りにラジオがやってきた!」

不定期で、番組制作のウラ側などこぼれ話を掲載しています。

今回は、5月5日配信「新・昭和通りにラジオがやってきた!」から。
毎年5月5日は、恒例の「AOMORI春フェスティバル(春フェス)」に合わせ、生配信を行ってきました。
特に今年は、昨秋開設の昭和通りメディアセンターもフル稼働でともくろんでいましたが、コロナウイルスの影響で春フェスも中止。
配信に関しても熟慮の結果、ワンマンでの録音、制作に切り替えました。
今回は、インタビュー収録をZOOMで行いました。
画面の録画も同時にでき、音質も耐えられる。
これはイケる!と確信しました。
今後は、ライブ配信でも応用したいと思っています。
インタビューに応じていただいた皆様に感謝申し上げます。

インタビューは旬のものをと配慮していますが、今回は特にコロナウイルスの影響による商店街やNPO法人の状況をお伝えしました。
のちにですが5月8日には、青森県でもNPOへの支援が公表されました。私の仕事柄、他県の支援状況が情報として入ってきており、今回県でも取り組まれることは喜ばしいです。
これからも、お役に立てる情報発信に心がけたいと思います。
(O)

2020年4月14日火曜日

【不定期企画】番組こぼれ話「loveaomori project」

不定期で、番組制作のウラ側などこぼれ話を掲載します。

コロナウイルス感染の対応として、放送業界もテレワーク出演やアクリル板を置くなど対策が広がっています。
あおラジは、そもそも密閉されたスタジオではなく、オープンなインタビュースペースでの収録や生配信を行っているので、ドアを開ける、空間を広く使い間隔を空けて座るなど配慮しています。

番組の編集は、担当プロデューサーあるいはディレクターがパソコンとにらめっこしながら行います。
中でも、「loveaomori project」は、ナビゲーターである後藤清安さんが毎月東京で録音した音声データを送ってもらい、こちらで編集ソフトでテーマ音楽等をミックスして番組にしています。後半のインタビューコーナーも、ほとんどが電話収録ですので、互いに顔を合わせることはありません。このご時世、テレワークが話題ですが、あおラジでは早くから無意識にやっていたんですね。
こんなことも想像しながら、番組をお楽しみください。
(O)

2020年3月9日月曜日

【番組情報】ダイナミックス・エアプレイ 2020年4月から「ちょっぴり」リニューアル!

あおもりラジオくらぶ(あおラジ)制作(※)で、2000年のエフエムジャイゴウェーブ(青森県田舎館村 76.3MHz)開局から続く音楽バラエティ番組「ダイナミックス・エアプレイ」。
2019年10月28日の放送で1000回を迎え、以後も好調に回数を重ねています。
そんな番組が、この4月「ちょっぴり」ですがリニューアルします!

リニューアルその1:毎月「インターネットでも聴ける回」を設けます!

番組開始当初から数年は、エフエムジャイゴウェーブでも番組のインターネット配信を行っていましたが、現在は行っていません。
現在も全国から番組をぜひ聴いてみたいという要望が寄せられますが、地上波(田舎館村周辺)での聴取に限られ、要望には応じられない状況です。
インターネットでの配信ができない大きな理由は、音楽著作権にあります。
現に、あおラジのインターネット番組では、楽曲紹介の許諾が得られたものを扱っています。
それであれば、「ダイナミックス・エアプレイ」の中で、月に1回はインターネットで紹介可能な音源を集め、地上波でもインターネットでも聴けるようにしては、というのが結論です。
なお、その回は、番組内コーナー「TONAKAI7」を削除して配信します。
コーナーの方針で、インターネット配信の許諾が取れない楽曲を使用しているためです。
ご了承ください。

リニューアルその2:毎月「青森ケーブルテレビでも聴ける!?回」を設けます!

あおラジでは、2019年6月から青森ケーブルテレビの市民チャンネル内で1時間番組(番組名「あおラジ!」)を制作、放映しています。
内容は、主に配信しているインターネットラジオ番組を再編集しています。
番組のキャッチフレーズは「見せるラジオ、ながらで聴くテレビ」。
昨年12月と本年1月、「ダイナミックス・エアプレイ 放送1000回記念スペシャル」の一部を放映したところ、好評を得ました。
青森ケーブルテレビでは、エフエムジャイゴウェーブ同様の音楽著作権処理が可能であり、それであればラジオの内容をほぼそのままテレビで放映できる、というのが結論です。
ぜひ、市民チャンネルでも「ながら」でお聴きください。
※放映サイクルは、基本的に毎月最終週のラジオ放送を、翌月前半に市民チャンネルで放映します。詳細な放映のタイミングは、定まり次第本ブログに掲載します。

音楽番組をベースにしながら、おしゃべりやゲストトークを交え、時代に合わせながら、20年超番組は歴史を重ねてきました。
進化とチャレンジを続ける番組に、これからも引き続きご注目ください。

ダイナミックス・エアプレイ ナビゲーター(DJ=Dream Jockey)
シュウ・カサハラ

※あおラジ制作は2008年から。

2020年1月31日金曜日

思い通りに吹こう!歌おう!たった7つの基礎知識【あおラジも応援!】

青森市で開催している音楽講座のお知らせです。

管楽器を演奏する時や歌を歌っている時のお悩み。
例えば、
・歌う時の肺活量を増やすには?
・管楽器のアンブシュアやタンギングは?
・肩凝りや腰痛を楽にするには?
・高い声を出すには?
など、これらのお悩み事を7つのテーマに分けてわかりやすく解説します。

より歌いやすいノド、より演奏しやすい身体を手に入れて、さらに音楽表現を楽しむレッスンです。
延べ1万人以上のボイストレーニングをしてきたボイストレーナーと、アメリカでの人体解剖研修5年連続200時間以上参加している理学療法士がタッグを組み、西洋医学の科学的事実と音楽家の視点からお届けする新しいセミナーです。

【講師】
●山本篤(やまもと あつし)
大阪芸術大学解剖学非常勤講師 / Merge Labo 代表
※第1、2、4、6回担当
●miumiu(みうみう、平川市出身 元シンガーソングライター)
ボイストレーナー / One and Only Voice代表
※第3、5、7回担当

【開催日時とテーマ】
第1回 2019年9月27日(金) 18:30~20:30「ありのままのブレス」
第2回 2019年11月29日(金)18:30~20:30 「アンブシュアとアパチュアタンギング」
第3回 2019年11月30日(土)10:30~12:30 「○○呼吸にとらわれない」
第4回 2020年1月23日(木)18:30~20:30「楽器の構えと全身の動き」
第5回 2020年1月24日(金)10:30~12:30「あなたの“力み”の原因を見つけよう」
第6回 2020年3月6日(金)18:30~20:30「身体の故障と楽器別エクササイズ」
第7回 2020年3月7日(土)10:30~12:30「声のお悩みあるある」

(3月8日追記)※終了しました。

【主な対象者】
●第1、2、4、6回 : 管楽器奏者
※1回1回が独立したテーマのため、ご興味をお持ちの回の単発のご参加も可能です。
●第3、5、7回 : ヴォーカリスト
※1回1回の変化をより実感していただくため、3回のセミナーを通して課題曲1曲を仕上げていきます。

【場所】
青森県観光物産館アスパム(青森市)ほか
※回によって、異なります。

料金等詳細、お申し込みは、下記に掲載のチラシをご覧になるか、コチラを参照願います。



※ラジオ番組「ダイナミックス・エアプレイ」でも紹介しました!